top of page
  • 執筆者の写真徳永武史(ぺけぺけ)

第8回箸技湯島サロン「新しい箸技あそびで脳に喜びを! Part5」

記:箸タイマー徳永(ぺけぺけ)


5月18日は、国際箸学会の会長・事務局員含め8人で行われました。


今回初参加の”はるさん”がいらっしゃるので、事務局・箸タイマーの”もけもけ”が「箸ピー」のやり方を教えつつ、他の人も復習してから開始。


驚くべきことに、”はるさん”は初めてなのに右手はピーナッツ100個移動を達成してしまいました!(ふつうは初めての人は良くて80個くらい)


全員が”はるさん”に対して「このひと…な、何者?」と異星人を見るように一気に関心が高まりましたが、そこは自己紹介タイムまでお預けです。


左手はふつうに出来ない人の記録でちょっと安心しました。

はるさんが「大人なのに…」とつぶやきました。

てっきり「大人のくせに、こんな単純なことで大喜びしちゃって」、みたいなことを想像したのですが、その真意は「今までは大技ばかりやって来たけど、手先のこんな小さな世界があったことに今頃気づくなんて」(正確ではありませんが、そのような事をおっしゃいましたネ~)



いきなり100個達成の”はるさん”

さあて、今度は左手!さすがに"はるさん"も困惑

公式ゲーム「箸リン」を終えた後は、箸タイマーの”ぺけぺけ”が仕入れて来た、指先ストレッチ(?)を公開。


両手をひねってこの形にすると、指示された指を動かすのが困難に!


しかし、これは何人かは既に知っていたようでした。


前回”かばちゃん”が披露した変態的な指先体操も加えて盛り上がり、脳と指先の関係や、最近お会いできた脳内科医・加藤俊徳先生が考案された「脳番地」の話などの話題を提供することができました。

加藤俊徳先生のプロフィールはこちら⇒ https://www.nonogakko.com/drkato/


さて、待ってましたの自己紹介。

順番に口を開くたびに「え、そうなの?実は私も…」などと記憶系や感情系脳番地を刺激されて会話がはずみます。


今日集まった人全員がキャラが濃いのはモチロンでしたが、”はるさん”はやっぱり極め付きの不思議な人。

なにせゴング(銅鑼)を聴くだけの為にエジプトまで行く予定だというのです!

彼女の以前の職業や今後の夢に、各自それぞれの脳番地がチクチク、ピカピカとニューロンを通じて激しく信号のやりとりを始める~~♪


”たまちゃん”からは、コロナ禍でオンラインになってから毎日続けている「たまちゃんzoomラフターヨガ」が、なんと今日で1136回目を迎えたという快挙報告!


そしてまた三鷹台で行われたラフターヨガでは集まった7名のうち、6名全員の手のひらに「ますかけ線」が!し、信じられないー…。

ますかけ線とは感情線と知能線が一緒になって1本の線になっている手相のこと。この線の持ち主は最強運で人の上に立つリーダーシップを発揮する人、天下取り、芸術家、自営業やフリーランスで大成功するなどと言われています。

なんと…6人ともますかけ線の持ち主!※写真は、”たまちゃん”のフェイスブックから。

サロンって、もともとこれが醍醐味で人が集まることを繰り返すのかもしれません。言葉によって新しいことや懐かしいこと、こだわっていることや今興味のあることなどの断片的な記憶が脳内で電撃マッサージを受けちゃうみたいな!

さて、締めはいつもの「箸技一人遊び」。今日はみなが「斜塔」をつぎつぎに完成させたり、

積みピーの自己記録更新や前回のテーマ「宝塚」で登場した「トップスター」を同時完成させるなど驚きの場面が続出。

(*斜塔はリングをらせん状に積みますが、トップスターは宝塚のステージの階段に見立てて直線的に積むもの)

こ、これは指先ストレッチと自己紹介脳内マッサージの成果でしょうか?集まってやるとスピリチュアルな良い面の波動が共鳴し合うのでしょうか!


”チャコちゃん”も「斜塔」をすんなり成功!

”たまちゃん”も5個でイエ~イ!

やった!自己新記録の”イサカさん”

あれ?できちゃったとトップスター完成に驚く会長

同時多発のトップスター

”はるさん”、積みピーも5個達成!

次回につづく

 

徳永武史(ぺけぺけ)

<この記事の執筆者>

2022年10月より、コミー(株)から国際箸学会に出向しています。コミーでは営業を担当していました。「箸タイム」購入者に向けて講習を行ったり箸技を広げる「箸タイマー」としてお手伝いをしています。

「ぺけぺけ」は、あだ名で呼び合う「笑いヨガ教室」に参加したときに自分で付けたあだ名です。同じく出向社員の横瀬さんが「もけもけ」に決めたので、私は反射的に「ぺけぺけ」にしました。

Comments


bottom of page